News-太陽光発電市場

日本学術会議、再エネ大量導入で提言、太陽光産業の強化を

ざっくりいうと・・・

  1. 熱海市は相次ぐ大規模太陽光発電施設計画への規制強化として、自然景観の保全を図る市風致地区条例の許可等審査基準を一部改正した。
  2. 自然景観豊かな1種地区で幅50メートル、高さ6メートル、市街地に近い2種地区で幅80メートル、高さ9メートル以内と定めており、違反者には市長が許可の取り消し、変更、開発の停止を命じることができる。

続きを読む

仏シエル・テール、香川で水上太陽光発電

ざっくりいうと・・・

  1. シエル・テール・ジャパンは、香川県内にある2つの農業用ため池で水上にパネルを設置した太陽光発電所の運営を始める。
  2. 自社製の架台を使って各6200枚のパネルを並べ、年間に各500世帯分の電力消費量に当たる発電量を見込む。

続きを読む

太陽光と蓄電池の直接リンクでピークカット、電気代を節約

ざっくりいうと・・・

  1. シャープは、パワーコンディショナーを介さずに太陽光パネルと直接接続でき、蓄電池をきめ細かく充放電制御できる産業用「スマート蓄電池システム」を発売する。
  2. 消費電力が上昇したタイミングで蓄電池から放電することで需要ピークをカットして基本料金の削減に貢献するシステムが搭載されている。

続きを読む

DICグループ、タイの子会社に太陽光発電設備を導入

ざっくりいうと・・・

  1. DIC株式会社は、地球温暖化防止の取り組みや生産競争力強化するため、タイの子会社に太陽光発電設備を導入した。
  2. タイでは環境負荷を考慮して再生可能エネルギー導入に税制優遇措置を適用していることと、屋根の有効活用が図れることから導入することとなった。

続きを読む

経産省、バイオマス入札制度など検討

ざっくりいうと・・・

  1. 経済産業省は、固定価格買い取り制度に関する有識者会議を開き、平成30年度以降の買い取り価格の議論を開始。
  2. 価格下落に伴い申請が急増したバイオマスは年1兆円が電気料金に上積みされる見通しで、入札制度導入などを検討する。

続きを読む

太陽光で充電する「バッテリー交換型」電動バイク、国内でシェアサービス開始

ざっくりいうと・・・

  1. 住友商事は台湾Gogoro社と提携し、太陽光で充電する「バッテリー交換型」電動バイクを使ったインフラの開発や展開に着手する。
  2. 住友商事によると、日本で充電スタンドに太陽光発電システムを併設し、交換用蓄電池への充電にできるだけ太陽光発電電力を使って走るスクーターとして展開していきたいという。

続きを読む

JPEA、太陽光の保守・点検に関する認定試験をスタート

ざっくりいうと・・・

  1. 太陽光発電協会は、保守点検に関する新資格制度「PVマスター保守点検技術者」の認定試験を実施する。
  2. この新資格制度は改正FIT法の事業計画策定ガイドラインで義務付けられた太陽光発電設備の保守点検に必要な知識、技術の習得を認定するもの。

続きを読む

東芝、フィルム型のペロブスカイト太陽光発電で世界最高の変換効率10.5%を達成

ざっくりいうと・・・

  1. 現在、主流となっている結晶シリコン太陽電池は設置場所が制限されているが、フィルム型であれば設置可能となる場所は多岐にわたる。
  2. 東芝はフィルム型のペロブスカイト太陽光発電で世界最高のエネルギー変換効率である10.5%を達成した。
  3. ペロブスカイト太陽光発電は低コストで作製でき、高い変換効率のポテンシャルを有する次世代太陽電池。

続きを読む

米国のバークレー国立研究所、最新の太陽光発電の価格動向を発表

ざっくりいうと・・・

  1. 日本において太陽光発電のシステム費用は全体として低下傾向にあり、この5年近くで7割ほどになってる。
  2. 米国バークレー国立研究所のレポートによると、米国では平均システム価格が前年度比で2%から8%減少した。
  3. これまでの価格下落としては2009年移行で最も小さい割合となり、理由としてはデータセットを構成する発電設備が大きく変わったことが一因とされる。

続きを読む

住宅太陽光、95%が「満足」、FIT改正「知らず」3割

ざっくりいうと・・・

  1. 次世代エネルギー業界の調査・広報などを行うグッドフェローズは、住宅用太陽光発電の設置を検討したことがあるユーザーのうち72.6%が実際に設置していたと発表。
  2. 4年連続で太陽光発電を設置した人の9割以上が満足している。

続きを読む

米加州シミバレー、2MW分の太陽光導入で1550万ドルを節約

ざっくりいうと・・・

  1. 米国のオプテラエナジー・サービシズ社は、市の施設などに設置した出力2.2MW分の太陽光発電プロジェクトが完成したと発表。
  2. 市庁舎、警察署、図書館、シニアセンター、水質管理プラントといった市の施設5カ所の屋根上や駐車場に太陽光パネルを設置したことで、市の電力需要の約33%が賄える。

続きを読む

富山・高岡の鶏舎跡メガソーラー、鶏卵大手が太陽光に熱を入れるワケ

ざっくりいうと・・・

  1. 富山県高岡市の養鶏場跡地に出力約2.5MWのメガソーラーがあり、鶏卵を手がけるイセ食品グループが開発・運営している。
  2. 養鶏場跡地をメガソーラーに活用する場合、地面がすでにコンクリート舗装されている点や送電線や水道が敷設されている点といったメリットがある。

続きを読む

ホンダ、自然の力で発電した電気を蓄える「Honda Mobile Power Pack」量産モデルを「CEATEC JAPAN 2017」で初公開

ざっくりいうと・・・

  1. 本田技研工業は、千葉県の幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2017」に出展すると発表。
  2. 低炭素で効率的なエネルギーの利用・活用を提案するため、「Honda Mobile Power Pack」システムと、「スマート水素ステーション(SHS)70MPa」コンセプトを出展。

続きを読む

ソーラーフロンティア、総務省の太陽光発電設備廃棄に関する勧告で対応を実施

ざっくりいうと・・・

  1. ソーラーフロンティアは、総務省が発表した太陽光発電設備の廃棄処分等に関する勧告をうけ、対応・確認を実施している。
  2. 総務省は将来使用済み太陽電池パネルの排出量急増が予想されるため、損壊した太陽電池パネルの危険性や使用済みパネルの適正処理・リサイクルの検討を求めた。

続きを読む

太陽光発電、広がる混乱 買い取り新制度移行

ざっくりいうと・・・

  1. 4月に改正された再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度へ移行するための手続きが求められており、太陽光パネルを自宅の屋根などに設置している一般家庭から手続きが複雑だと不満が挙がっている。
  2. みなし認定の対象は全国で269万件で、申請には旧制度の認定の際に発行された設備IDのほか、出力量、メールアドレスなどの入力が必要。

続きを読む

太陽光関連事業者、新規導入市場が減少傾向 倒産件数も過去最多ペースで推移

ざっくりいうと・・・

  1. 株式会社富士経済が再生可能エネルギー発電関連の国内市場について調査した結果、固定価格買取制度関連発電システムの新規導入市場が縮小傾向にあると発表。
  2. 縮小が続く太陽光が約8割を占めており、その他(風力、バイオマス、水力、地熱)の割合が前年度より増えている。

続きを読む