News-太陽光発電市場

太陽光発電施設、11市町が独自規制検討 法整備求める声も 足利、栃木は条例制定

ざっくりいうと・・・

  1. 下野新聞社が栃木県内の全25市町に太陽光発電施設の開発に関するアンケートを行い、11市町が条例案やガイドラインなど独自の規制策を検討していること分かった。
  2. 自然環境や地域住民との摩擦が全国で広がっており、8割超の21市町は全国で統一された法整備の必要性を指摘している。
  3. 全国の自治体では、条例に基づく環境保全を求める手続きや環境影響評価手続きなどを、独自に設ける例が増えている。

続きを読む

太陽光発電施設の検査サービス、ドローンを使っての参入続々と

ざっくりいうと・・・

  1. I.D Tech社は、固定価格買取制度FIT)改正によって太陽光発電パネルの正確な点検が必要となったことを受け、赤外線カメラ搭載ドローンを用いた検査サービスを開始した。
  2. 太陽光発電パネルが、広大な平野などに大量に設置されている場合に、赤外線カメラ搭載ドローンを用いることで「低コスト・短期間・安全」な検査サービスが提供できる。

続きを読む

日光・中禅寺湖の新型遊覧船に「太陽光オフグリッド」構築

ざっくりいうと・・・

  1. 栃木県の日光・中禅寺湖に太陽光発電を主電源とした電力システムを搭載している新型遊覧船が就航した。
  2. 船内に設置されている電源をすべてオフグリッド電力で供給でき、停泊中ゼロ・エミッションを実現した。
  3. 太陽光発電は発電量が天候に左右されるため、安定的な電力供給に課題がある。

続きを読む

3つのサイトで構成するソーラーパーク、青森県六戸町に完成

ざっくりいうと・・・

  1. バイテックソーラーエナジーとジャパン・リニューアアブル・エナジーは、青森県六戸町に発電出力約22MWのメガソーラー「六戸ソーラーパーク」を完成させた。
  2. 年間発電量は一般家庭約7170世帯分に相当する約2600万kWhを見込んでおり、発電した電力は東北電力に売電する。

続きを読む

発電実験…太陽光とディーゼルで NEDO

ざっくりいうと・・・

  1. インドの首都ニューデリー近郊にある日本企業向け工業団地で、メガソーラーとディーゼル発電を組み合わせた電力供給システムの実証実験が始まった。
  2. 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が始めたもので、再生可能エネルギーを活用した電力の安定供給を目指す。
  3. 日照時間で発電量が変わる太陽光の欠点をディーゼル発電で補う仕組みで、2年間で成果を検証する予定。

続きを読む

三重のゴルフ場跡で23MW、サンテックがメガソーラー開発

ざっくりいうと・・・

  1. 中国の大手太陽光パネルメーカーの日本法人、サンテックパワージャパンが発電事業者となる太陽光発電所は、2017年7月時点で、8カ所・合計出力約18MWが稼働している。
  2. 稼働済み案件は関東に多く、兵庫県や鹿児島県にも開発・運営している。

続きを読む

飯舘村の低圧太陽光10件に1億5000万円融資、城南信金など

ざっくりいうと・・・

  1. 認定NPO法人・環境エネルギー政策研究所(ISEP)と全国ご当地エネルギー協会は、飯舘電力の計画する太陽光発電事業へ、城南信用金庫からの融資が決定した。
  2. 放射性物質の影響で利用困難となった農地を有効活用する目的で、太陽光発電所を建設する計画。

続きを読む

イケア、住宅用蓄電池を英国で発売

ざっくりいうと・・・

  1. イケアは、英Solarcenturyと提携し、住宅用太陽光発電システムと定置型蓄電池の販売を開始する。
  2. 定置型蓄電池だけを購入する場合5000ポンド(約71万円)からとしている。
  3. 蓄電池を追加することによって、太陽光の余剰電力を貯めておくことができ、電気料金を最大70%節約できるとの試算を示している。

続きを読む

今の電力契約はそのまま、日中は無償設置の太陽光電力を使える新プラン

ざっくりいうと・・・

  1. 日本エコシステムは、家庭向けの電力サービス「じぶん電力」に、新しい料金プランを追加した。
  2. 現在加入している電力会社との契約は継続しながら、日中は住宅屋根に無償で設置された太陽光発電の電力を利用でき、電気料金を削減できるメリットがある。

続きを読む

鈴鹿市、太陽光で水素を製造、燃料電池公用車の運用に活用

ざっくりいうと・・・

  1. 三重県鈴鹿市が、太陽光発電システムと水素製造装置を組み合わせた水素供給システムを市庁舎西側ロータリーに公用車用の水素ステーションを建設した。
  2. 総事業費は約1億6500万円で、そのうち約1億1800万円を環境省の地域再エネ水素ステーション導入事業として補助金を受けた。

続きを読む

水上太陽光発電はココに注意! 兵庫県がチェックリスト公開

ざっくりいうと・・・

  1. 経済産業省資源エネルギー庁は、太陽光発電設備の設計・施工と保守点検に携わる事業者を対象とした研修会を全国18カ所で開催する。
  2. 2017年4月施行の改正固定価格買取制度(改正FIT法)では、新認定基準に適合した事業計画により適切に設計・施工、保守点検等を実施するよう求めている。

続きを読む

太陽光発電の設計・施工・保守点検の研修会 資源エネ庁が全国開催

ざっくりいうと・・・

  1. 経済産業省資源エネルギー庁は、太陽光発電設備の設計・施工と保守点検に携わる事業者を対象とした研修会を全国18カ所で開催する。
  2. 2017年4月施行の改正固定価格買取制度(改正FIT法)では、新認定基準に適合した事業計画により適切に設計・施工、保守点検等を実施するよう求めている。

続きを読む

学校体育館で太陽光、宇部市から屋根借り、FIT24円/kWhで

ざっくりいうと・・・

  1. NPO法人の山口スマートコミュニティ支援センターと山口再エネ・ファクトリーによる共同事業体が、宇部市から小中学校の体育館屋根を借りて太陽光発電設備を設置した。
  2. 発電した電力は固定価格買取制度(FIT)に基づき、1kWh当たり24円で売電する。

続きを読む

再エネ40%を目指すアイルランド、日本企業が風力事業に参画

ざっくりいうと・・・

  1. 関西電力、双日、三菱UFJリースは、アイルランドの風力発電事業者であるEvalair社の株式60%を取得するため、株式売買契約を締結したと発表した。
  2. Evalair社は、アイルランドで5カ所、総発電容量223MWの風力発電所を保有、運営しており、同国の電力卸売市場への電力供給を行う。

続きを読む

発電コスト、40年までに半減 英民間機関が予測

ざっくりいうと・・・

  1. 英民間調査機関は、再生可能エネルギーの世界規模の発電コストが2040年まで半減すると予測した。
  2. 太陽光発電の導入が進む中国やインドなどは石炭火力に比べて太陽光のほうが安くなるが、日本は石炭火力の依存が続くと分析している。
  3. 今後、太陽光は導入が進み、パネルや維持管理費が安くなり、40年までに66%もコストが下がる予測。

続きを読む

富谷で低炭素水素サプライチェーンの実証スタート

ざっくりいうと・・・

  1. 日立製作所は4者共同で、太陽光発電システムで発電した電力から水電解装置で水素を製造し、エネルギーとして利活用するサプライチェーン構築に向けた実証を行う。
  2. 環境省の「2017年度地域連携・低炭素水素技術実証事業」にも採択されている。

続きを読む

太陽光・風力で9割、ソマリアで10万人に電力供給

ざっくりいうと・・・

  1. 蓄電池システムや マイクログリッド の開発を手がけるElectro Power Systems Group社は、ソマリアの北西部で拡張工事を進めていたマイクログリッドが完成し、稼働を開始した。
  2. 同社は2016年2月に出力1MWのメガソーラーと定置型蓄電池から構成されるマイクログリッドを完成させていた。
  3. さらに同マイクログリッドに合計出力750kWの風力タービン3基と、容量400kWの定置型蓄電池を追加する工事を行った。

続きを読む

事業計画の変更認定 50kW未満の太陽光発電の申請・届出方法が発表

ざっくりいうと・・・

  1. 経済産業省資源エネルギー庁は50kW未満の太陽光発電設備にかかわる新制度への移行手続完了前の手続き方法をとりまとめ公表した。
  2. みなし認定手続としての事業計画書の提出をしていない事業者は、今回の運用による変更認定申請と変更届出をすることはできない。

続きを読む