News-風力発電

北拓、風力発電メンテナンス用に試験設備を設置 3MWまで対応

ざっくりいうと・・・

  1. 風力発電メンテナンス専門会社の北拓は、ウィナジーとの協業により風力発電用増速機の負荷試験設備を設置して、9月から運用を開始する。
  2. この設備では3MWまでの風力発電用増速機の部分負荷試験が可能で、検査や修理、またスペアパーツの保管を一貫して行う。

続きを読む

米山知事、デンマークを10月に訪問 風力発電など視察

ざっくりいうと・・・

  1. 新潟県の米山隆一知事が10月にデンマークを訪問し、風力発電に取り組んでいる地域の現地視察やエネルギー関係者と意見交換を行う。
  2. 自然エネルギーの利活用地域で知られる同国のロラン島も訪れ、県内のエネルギー政策の参考にする。

続きを読む

洋上風力の導入拡大を支援、大型風車を2基搭載できる作業船を開発へ

ざっくりいうと・・・

  1. アチハ、自然電力、東光電気工事、吉田組、若築建設の5社は、洋上風力発電所建設用の自己昇降式作業台船船団の建造について検討を開始した。
  2. 2016年7月に施行された改正港湾法によって導入拡大が期待されている一方、国内では洋上風力発電所建設用の自己昇降式作業台船船団を保有する企業がないため整備が不十分。

続きを読む

北海沖の洋上風力向けに8MW機を31基受注、MHI ヴェスタス

ざっくりいうと・・・

  1. 三菱重工業とデンマーク・ヴェスタスの洋上風力発電設備に関する合弁企業MHIヴェスタスは、カナダの事業者から出力8MW級の洋上風力発電設備を31基受注したと発表。
  2. 完成すれば17万8000世帯超への電力供給とともに、年間36万t超のCO2削減効果が期待される。

続きを読む

「夢風車」に吹いた逆風 滋賀、風速想定甘く故障相次ぐ

ざっくりいうと・・・

  1. 2014年4月から停止している滋賀県草津市下物町の風力発電施設について、市環境審議会が、赤字などを理由に「撤去すべき」との答申をまとめた。
  2. 市が「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」の補助を受けて建設し、最大出力1500キロワットは当時の日本最大級とされた。

続きを読む

三菱重工、ドイツで世界最大出力の洋上風力発電設備を受注

ざっくりいうと・・・

  1. 三菱重工業は、ドイツの北海沖合に作られる世界最大出力8,000kW級の洋上風車31基を受注した。
  2. 現在ドイツの北海沖合では、目標総出力は25万2,000kWとする洋上風力発電所プロジェクトが進められており、同社の洋上風力発電設備V164-8.0MWを提供するという形である。

続きを読む

三菱重の合弁企業が洋上風力発電設備を受注 数百億円、カナダ企業から

ざっくりいうと・・・

  1. 三菱重工業は、デンマーク企業と折半出資するMHIヴェスタス社がカナダの独立発電事業者から洋上風力発電設備31基を受注したと発表。
  2. ノースランド・パワー社が発注元で、当設備はドイチェ・ブッフト洋上風力発電所プロジェクトの中核を担うことになる。

続きを読む

石巻に風力発電所 10月に着工、20年1月の運転開始目指す

ざっくりいうと・・・

  1. ユーラスエナジーホールディングスの子会社が、石巻市に出力2万400キロワットほどの風力発電所を建設することが分かった。
  2. 建設する風車6基のうち1基の地下構造物が硯上山万石浦県立自然公園にかかり、国の環境影響評価(アセスメント)の手続きを進めている。

続きを読む

宮城県で県内最大の風力発電、七十七銀行がプロジェクトファイナンス方式で56億円を融資

ざっくりいうと・・・

  1. 七十七銀行は、宮城県内最大規模となる風力発電事業に対して、プロジェクトファイナンス方式による融資契約を締結した。
  2. 石巻市に位置する籠峰山の北側尾根沿いに3.4MWの設備が6基建設され、発電設備規模は合計で20.4MWとなる。
  3. この事業は、環境省が実施した「平成23年度再生可能エネルギー事業のための緊急検討委託業務」に基づき計画された風力発電事業で、地球温暖化対策に配慮した復興の実現に資することを目的としている。

続きを読む

米国に世界第2位の風力発電所(2000MW)建設へ

ざっくりいうと・・・

  1. 米国のインベナジー社とGEリニューアブルエナジー社は、世界でも二番目に大きい規模となる2,000MWの風力発電所を建設する。
  2. GE製2.5MW風力タービンは、より高い発電ができるように設計されている上に風力発電のパフォーマンスを最適化するハードウェア&ソフトウェアを組み合わせたソリューション「デジタル・ウインド・ファーム」を提供する。

続きを読む

電力インフラを襲うサイバー攻撃、ウクライナ停電事件は対岸の火事ではない

ざっくりいうと・・・

  1. 2017年7月下旬に開催されたセキュリティカンファレンス「Black Hat 2017」で、発送電設備や風力発電所に存在する脆弱性がサイバー攻撃の標的になっていると明かされた。
  2. ウクライナでは2015年12月と2016年12月の2年連続でサイバー攻撃による停電が発生。

続きを読む

トルコ、風力エネルギーで欧州第4位

ざっくりいうと・・・

  1. 欧州風力エネルギー協会は、欧州では2017年の6ヵ月間に合計6100メガワットの風力容量がシステムに組み込まれたと発表。
  2. トルコは377メガワットの風力エネルギー容量で、設備力の観点から欧州第4位となった。

続きを読む

太陽光・風力で9割、ソマリアで10万人に電力供給

ざっくりいうと・・・

  1. 蓄電池システムや マイクログリッド の開発を手がけるElectro Power Systems Group社は、ソマリアの北西部で拡張工事を進めていたマイクログリッドが完成し、稼働を開始した。
  2. 同社は2016年2月に出力1MWのメガソーラーと定置型蓄電池から構成されるマイクログリッドを完成させていた。
  3. さらに同マイクログリッドに合計出力750kWの風力タービン3基と、容量400kWの定置型蓄電池を追加する工事を行った。

続きを読む

経団連が提言「政府は洋上風力発電の開発環境整備をもっと主導してくれ」

ざっくりいうと・・・

  1. 日本経済団体連合会は、最新のITやデータの活用により、経済成長や安全保障、環境保全、その他の問題の解決をめざすために、盛り込むべき点をまとめた提言を公表した。
  2. 特にこの提言の中で、洋上風力発電の環境整備や、波力・潮流・海流・海洋温度差発電についても研究開発や実証実験を推進していくことを求めている。

続きを読む

三菱商事、英国海底送電資産の運営事業権を取得

ざっくりいうと・・・

  1. 三菱商事株式会社が、海底・陸上送電線及び付随する洋上・陸上変電設備で構成される海底送電資産の運営事業権を取得。
  2. 本海底送電資産は、英国の北西部沖合にある洋上風力発電所と北ウェールズ・デンビーシャー州に建設される変電所を結ぶ。

続きを読む