News-風力発電

洋上風力発電し易くなるようガイドライン整備を

ざっくりいうと・・・

  1. 洋上風力発電の設置業者が長期間海域を占有する際のガイドラインをまとめるよう、経団連が政府に要望。
  2. ガイドラインがまとめられれば、50兆円規模の経済効果が見込まれるとしている。
  3. 現状は各自治体で条例を制定し対応しているが、予見が難しいことから資金調達が難しくなっている。

続きを読む

北九州風力発電所で完成式

ざっくりいうと・・・

  1. 西部ガスは北九州市若松区にエネ・シード北九州風力発電所を開設し、30日に完成式を開きました。
  2. 太陽光発電所7カ所も運営しており、電源の多様化が狙いです。
  3. 西部ガスは、ガス事業以外の売上高割合を高める計画です。

続きを読む

風力・地熱発電を対象とした「前倒環境調査のガイド」を公表

ざっくりいうと・・・

  1. NEDOは、「前倒環境調査のガイド」(2016年度版)を公表しました。
  2. 本ガイドでは、環境アセスメントに係る手続期間の半減に必要となる前倒環境調査を行うための手法を取りまとめています。
  3. 環境アセスメントの質を落とさず手続期間を半減することに貢献します。

続きを読む

米国訪問記:風力発電を巡る動向と展望①

ざっくりいうと・・・

  1. 米国風力エネルギー協会を訪問し、トランプ政権での風力産業動向に関してヒアリングを行いました。
  2. 米国の風力発電は、設備容量で水力を超える電源にまで成長しました。
  3. 風力発電が急成長している要因は電源としてのコスト競争で優位に立ってきたことです。

続きを読む

住友商事がブラジルで鍛造品製造・販売事業会社を設立

ざっくりいうと・・・

  1. 住友商事は、ゲルダウと共に、合弁会社ゲルダウサミッチまたはゲルダウサミットを設立したと発表しました。
  2. 鋳鍛造製品の製造・販売事業に加え、 風力発電用鍛造製品の製造・販売事業に取り組むとのことです。
  3. 住友商事は、中南米地域の産業発展ならびに経済成長に寄与するとしています。

続きを読む

「日本は風力発電に向いていない」は本当か?『世界の再生可能エネルギーと電力システム 風力発電編』発行詳細なデータを用い、海外と日本の違い、風力発電への誤解などを解説

ざっくりいうと・・・

  1. 株式会社インプレスR&Dは、『世界の再生可能エネルギーと電力システム 風力発電編』を発刊します。
  2. 本書は、風力発電に関する日本ではあまり知られていない情報を、データやグラフを用いて分かりやすく紹介しています。
  3. 本文は、各項目に設問を設けるQ&A形式になっています。

続きを読む

人工島が1億人を救う、未来の風力発電

ざっくりいうと・・・

  1. 欧州6カ国からほぼ等しい距離にある北海洋上に幾つかの「人工島」を建設しました。
  2. 3社のTSOが協定を結び、「北海風力発電ハブ」の建設に向かって調査に取り掛かることを発表しました。
  3. なぜ人工島が必要なのかなど、プロジェクトの内容を紹介しています。

続きを読む

フライホイールと蓄電池、アラスカの街を照らす

ざっくりいうと・・・

  1. スイスABBがアラスカ州の電力事業者と共同でハイブリッド蓄電システムを立ち上げました。
  2. フライホイールを大容量の蓄電池と組み合わせて電力を安定供給します。
  3. システムについてなど、詳しくはリンク先記事にてご確認ください。

続きを読む

コスモエネルギーホールディングス 代表取締役社長 森川 桂造 氏

ざっくりいうと・・・

  1. コスモエネルギーホールディングス代表取締役社長へのインタビュー記事です。
  2. 成長分野として位置付けた風力発電事業、油田開発事業、カーリース事業に引き続き力を入れていくとのことです。
  3. 風力発電事業は、国内シェア第3位を堅持し、 再エネ 電力の FIT がある限り伸ばしていくとのことです。

続きを読む

3か月でじっくり研究、東京理科大×IIJ「神楽坂サイエンスアカデミー2017」

ざっくりいうと・・・

  1. 東京理科大学とIIJは、全国の中高生を対象に神楽坂サイエンスアカデミー2017を6月~9月の期間で開催します。
  2. 研究テーマは「IoT技術を活用し風車風力発電機の発電効率の改良を試みよう!」です。
  3. 申込みは3月22日から4月28日正午まで受け付けており、詳細は神楽坂サイエンスアカデミーのWebサイトで確認できます。

続きを読む

風力タービンの性能倍増も、超電導テープ開発 欧州

ざっくりいうと・・・

  1. 欧州の研究者らは、電気抵抗がゼロで損失がほとんどない超電導のテープ線材を600メートル作ることに成功しました。
  2. この新しい素材を使えば、今より性能が高く軽い風力 タービン が作れるかもしれないと述べています。
  3. 将来的に現在の2倍の性能を持つ、風力タービンの製造が可能になるだろうとの見解を示しました。

続きを読む

空中風力発電(AWE)調査レポートが発刊

ざっくりいうと・・・

  1. 株式会社データリソースは、アイディーテックイーエックス が出版した英文調査レポートの販売を開始しました。
  2. 同レポートは「空中風力発電(AWE) 2017-2027年:市場予測、技術ロードマップ、AWES、CKP、HAWP、BAT:カイト、気球、ドローン」です。
  3. 空中風力発電市場を調査し、新しい形の高電力環境発電として注目されている空中風力発電を分析しています。

続きを読む

Jパワー、洋上風車群の発電量向上 北九州沖で風の乱流制御技術

ざっくりいうと・・・

  1. Jパワーは 洋上 風力発電設備で、風車群全体の発電量を高める技術を開発します。
  2. 風車の方向を微妙に調整して後方に流れる風の方向を変えます。
  3. コンソーシアムは北九州の港湾区域で複数の風車を建てるウインドファームを計画しており、技術成果を生かします。

続きを読む

日本政策投資銀行、共同設立の風力発電ファンドにみずほ銀がファイナンス組成

ざっくりいうと・・・

  1. 日本政策投資銀行は「日本風力開発ジョイントファンド」の風力発電施設取得に関わる借り換え資金について、みずほ銀行がプロジェクトファイナンスを組成しました。
  2. 国内最大の風力発電向けプロジェクトファイナンスとなり、9金融機関が参加しました。
  3. 同ファンドは、JWDから全国15カ所の風力発電設備を買い取って運営しており、出資期間は、 FIT での売電期間終了までを予定します。

続きを読む

目標を超える太陽光・風力の導入状況、中国の政府系機関が解説

ざっくりいうと・・・

  1. 中国・国家気候変動戦略研究・国際協力センターのリ・ジュンフェン氏は、REvision2017において講演し、中国の 再エネ に対する取り組みを紹介しました。
  2. 中国では、 再エネ の導入が好ましいペースで進展しているといいます。
  3. 太陽光、風力の導入状況などは、リンク先記事にてご確認ください。

続きを読む

ダイキアクシス Research Memo(5):量産型小形風力発電機を2016年2月に発売

ざっくりいうと・・・

  1. 2012年4月にシルフィードを子会社化し、小形風力発電機関連事業に参入しました。
  2. 同社製品は垂直軸方式を採用しており、日本独特の乱流や強風などの風況変化にも対応でき、稼働時の静音性も特長となります。
  3. ダイキアクシスは同社製品を、自家向け発電用として公共施設や商業施設の補助電源や独立電源として自治体や企業に売り込みます。

続きを読む

経産省、風力発電に定検義務付け

ざっくりいうと・・・

  1. 経済産業省 は4月1日、風力発電設備の定期安全管理検査制度を施行します。
  2. 電気技術規格委員会では、事業者が行う検査の具体的方法について、審議をしました。
  3. 単機出力500 kw 以上の同発電設備各部位に関し、定期事業者検査を義務づけるなどの指針を決定しました。

続きを読む

「水素先進都市」を臨海工業地帯に、風力発電と副生水素を生かす

ざっくりいうと・・・

  1. 茨城県・神栖市は、CO2の削減と新たな産業の振興を目指して、「神栖市水素エネルギー利活用戦略」を公表しました。
  2. 工業地帯で発生する副生水素と、風力などの 再エネ を活用した 水素 の製造に取り組んでいく方針です。
  3. 水素で走る燃料電池自動車、水素から電力と熱を作り出す燃料電池を普及させて「安全で持続可能なエコ・シティ」を目指します。

続きを読む

【eco最前線を聞く】チャレナジー プロペラなし風力、台風でも安定発電

ざっくりいうと・・・

  1. 強風時にも稼働する発電機の開発に取り組んでいる、チャレナジーの清水敦史社長に開発の現状と事業戦略を聞きました。
  2. 『垂直軸型マグナス風力発電機』を開発し実証実験を行い、台風接近時でも安定して発電し続けられることを確認できました。
  3. 今後、量産試作に入り、20年までには販売できるようにしたいとしています。

続きを読む

ロシア、26項目提案 共同経済活動 水産加工場や風力発電所

ざっくりいうと・・・

  1. 日ロ両政府は、北方四島での共同経済活動に関する初の公式協議を東京都内で開きました。
  2. ロシア側の提案は四島での水産加工場や風力発電所の建設など26項目に及び、互いの提案を検討することで一致しました。
  3. 安倍晋三首相が目指す、双方の法的立場を害さない特別な制度の下での実施で合意できるかが最大の焦点となります。

続きを読む

(仮称)北海道(道北地区)ウィンドファーム稚内計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を提出

ざっくりいうと・・・

  1. 環境省は、北海道で計画されている北海道ウィンドファーム稚内計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出しました。
  2. 環境大臣意見では、風力発電設備の配置等を検討するに当たって4つのことなどを求めています。
  3. 4つのことなど、詳しくはリンク先記事にてご確認ください。

続きを読む

先物市場・スポット市場間でのMarket Power(市場支配力)とArbitrage(裁定取引):自由化された卸売り電力市場における新規参入企業(特に風力発電企業)の行動分析

ざっくりいうと・・・

  1. 伊藤公一朗RIETI研究員は、経済理論と実証分析によって電力発電者と購買者の市場行動を分析しました。
  2. この結果から、市場支配力を抑える市場設計を考える必要があるとしています。
  3. 日本の電力市場の問題点など、詳しくはリンク先記事にてご確認ください。

続きを読む

風力最大手ユーラス、再生エネルギー送電に参入

ざっくりいうと・・・

  1. 風力発電の導入拡大に向けて、専用の 送電 線の建設が北海道で始まります。
  2. ユーラスエナジーホールディングスなどは2019年4月から、北部に総延長100キロメートルの送電線を建設します。
  3. 電力大手とJパワー以外の事業者による送電線設置は初めてです。

続きを読む

環境審答申案固まる 22日に下関市に答申へ /山口

ざっくりいうと・・・

  1. 下関市環境審議会が開かれ、前田建設工業が同市安岡沖で建設を予定している洋上風力発電事業の環境影響評価準備書に対する答申案を固めました。
  2. 答申素案に対し、委員から出された意見を元に修正し、22日に市に答申します。

続きを読む