鈴与商事と納得住宅工房 ZEH事業を共同展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ざっくりいうと・・・

  1. 鈴与商事と納得住宅工房が共同でゼロエネルギー住宅(ZEH)事業を展開し、自社の太陽光パネルやLPガスの契約増加にも繋げる狙い。
  2. 住宅大手が新築戸建てのZEHを進める中、鈴与商事は断熱計算のノウハウを持って太陽光パネルなどの商材と合わせて提供する。

鈴与商事は2日、注文住宅を手がける納得住宅工房(富士市)と、住宅のエネルギー収支を実質ゼロにするゼロエネルギー住宅(ZEH)事業を共同展開すると発表した。まず12月、掛川市にモデルハウスを開設する。地場の工務店との連携を深めて、自社の太陽光パネルやLPガスの契約増加にもつなげる。

国は2020年までに新築戸建ての半数をZEHとする方針を掲げ、住宅大手が先行している。鈴与商事は法人向けの省エネルギー提案などで蓄積した断熱計算のノウハウを活用。太陽光パネルや給湯器、エアコン、家庭用エネルギー管理システム(HEMS)の商材と合わせて提供する。

ニュース記事はこちら:日本経済新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1日3分!最新情報をチェック!

このサイトでは、太陽光発電投資に関する最新情報を

「手短かに読みやすく」
「1日3分で全ニュースを把握できるように」


まとめています。

ぜひブックマークやSNSでチェックしていただき、お役立てください。

最新ニュース一覧へ

SNSでもご購読できます。