【水素エネルギー】活用社会の先駆県に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ざっくりいうと・・・

  1. 福島県南相馬市で県内初のスマート水素ステーションが稼働し始め、水素社会の実現に向けた動きが活発化している。
  2. 浪江町には世界最大規模の水素製造工場が建設されることが決まっており、2020年の東京五輪・パラリンピックでの供給を目指している。

南相馬市で民間として県内初のスマート水素ステーション(SHS)が先日、稼働し始めた。水素エネルギーは水の主成分である水素を利用し、最後は水になる究極のエコエネルギーとされる。県内では水素社会の実現に向けた動きが活発化している。本県が日本だけでなく世界の先駆県となるために県民一人一人が水素エネルギーへの理解を深め、積極的な活用を考える必要がある。

国や県は次世代エネルギーの目玉として水素を捉える。国の福島新エネ社会構想に基づき浪江町には世界最大規模の水素製造工場が建設されることが決まった。太陽光発電などの再生可能エネルギーを利用して水素を製造し、2020年の東京五輪・パラリンピックでの供給を目指す。

ニュース記事はこちら:福島民報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1日3分!最新情報をチェック!

このサイトでは、太陽光発電投資に関する最新情報を

「手短かに読みやすく」
「1日3分で全ニュースを把握できるように」


まとめています。

ぜひブックマークやSNSでチェックしていただき、お役立てください。

最新ニュース一覧へ

SNSでもご購読できます。