サンテックがメガソーラーの管理を受注 佐賀市で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ざっくりいうと・・・

  1. サンテックパワーの日本法人は、佐賀市にあるメガソーラーの保守管理業務を受注した。
  2. 太陽光発電を開発する会社がつくった合同会社から受注し、1000キロワットあたり年間約200万円で請け負う。

中国の太陽光パネル大手、サンテックパワーの日本法人(東京・新宿・高瞻社長)は、佐賀市で新たに稼働したメガソーラー(大規模太陽光発電所)の保守管理業務を受注したと発表した。出力2740キロワットの発電所。1000キロワットあたり年間約200万円で請け負うという。

発電所を保有する太陽光発電開発のフォトン・ジャパン(東京・港、湯沢正律社長)などがつくる合同会社から受注した。発電所はサンテックの太陽光パネル8700枚を使っているという。

ニュース記事はこちら:日本経済新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1日3分!最新情報をチェック!

このサイトでは、太陽光発電投資に関する最新情報を

「手短かに読みやすく」
「1日3分で全ニュースを把握できるように」


まとめています。

ぜひブックマークやSNSでチェックしていただき、お役立てください。

最新ニュース一覧へ

SNSでもご購読できます。