再エネ40%を目指すアイルランド、日本企業が風力事業に参画

ざっくりいうと・・・

  1. 関西電力、双日、三菱UFJリースは、アイルランドの風力発電事業者であるEvalair社の株式60%を取得するため、株式売買契約を締結したと発表した。
  2. Evalair社は、アイルランドで5カ所、総発電容量223MWの風力発電所を保有、運営しており、同国の電力卸売市場への電力供給を行う。

続きを読む

発電コスト、40年までに半減 英民間機関が予測

ざっくりいうと・・・

  1. 英民間調査機関は、再生可能エネルギーの世界規模の発電コストが2040年まで半減すると予測した。
  2. 太陽光発電の導入が進む中国やインドなどは石炭火力に比べて太陽光のほうが安くなるが、日本は石炭火力の依存が続くと分析している。
  3. 今後、太陽光は導入が進み、パネルや維持管理費が安くなり、40年までに66%もコストが下がる予測。

続きを読む

再エネ⇔水素をうまく融通するシステム、大規模実証段階へ

ざっくりいうと・・・

  1. 東芝と東北電力、岩谷産業は新エネルギー・産業技術総合開発機構からの受託事業として、再生可能エネルギーを利用した大規模水素エネルギーシステムの開発を始めると発表。
  2. 2020年度中に実証試験に向けて、1万kW級の水素製造装置を備えた水素エネルギーシステムを構築する。

続きを読む

富谷で低炭素水素サプライチェーンの実証スタート

ざっくりいうと・・・

  1. 日立製作所は4者共同で、太陽光発電システムで発電した電力から水電解装置で水素を製造し、エネルギーとして利活用するサプライチェーン構築に向けた実証を行う。
  2. 環境省の「2017年度地域連携・低炭素水素技術実証事業」にも採択されている。

続きを読む

太陽光・風力で9割、ソマリアで10万人に電力供給

ざっくりいうと・・・

  1. 蓄電池システムや マイクログリッド の開発を手がけるElectro Power Systems Group社は、ソマリアの北西部で拡張工事を進めていたマイクログリッドが完成し、稼働を開始した。
  2. 同社は2016年2月に出力1MWのメガソーラーと定置型蓄電池から構成されるマイクログリッドを完成させていた。
  3. さらに同マイクログリッドに合計出力750kWの風力タービン3基と、容量400kWの定置型蓄電池を追加する工事を行った。

続きを読む

再エネ利用の大規模水素エネルギーシステム

ざっくりいうと・・・

  1. 東芝と東北電力、岩谷産業の3社は再生可能エネルギー(再エネ)を利用した大規模水素エネルギーシステムの開発を開始する。
  2. 2016年9月に採択された新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)受託事業の一環。
  3. 水素エネルギーシステムは、再生可能エネルギーを大量導入した際の電力系統の調整力として期待されている。

続きを読む

事業計画の変更認定 50kW未満の太陽光発電の申請・届出方法が発表

ざっくりいうと・・・

  1. 経済産業省資源エネルギー庁は50kW未満の太陽光発電設備にかかわる新制度への移行手続完了前の手続き方法をとりまとめ公表した。
  2. みなし認定手続としての事業計画書の提出をしていない事業者は、今回の運用による変更認定申請と変更届出をすることはできない。

続きを読む

風力発電の導入促進へ動向紹介 県が初のフォーラム

ざっくりいうと・・・

  1. 新潟県は風力発電事業への参入を進めるためのフォーラムを開き、研究者らが風力発電を巡る情勢や技術開発の状況、事業化の例などを紹介した。
  2. 再生可能エネルギーの導入を図って産業振興につなげる「県版グリーンニューディール政策」の一環で開催された。

続きを読む

みんな電力、「再エネ100%」を目指す法人向けサービス

ざっくりいうと・・・

  1. みんな電力社は、「再生可能エネルギー100%」を目指す企業、自治体、団体などの法人向けに会員制ソリューションサービスを提供開始する。
  2. 再生可能エネルギー資源の開発支援や企業イメージ向上といった付加価値を生み出す活動などを展開する。

続きを読む

経産相、電源構成「骨格変えず」 エネ計画見直しで

ざっくりいうと・・・

  1. 世耕弘成経済産業相は、国のエネルギー基本計画の見直しに入ると発表し、計画についてはこれまでの目標を維持する方針。
  2. いまの計画の目標である再生エネの比率は「22~24%」だが、15年度時点で15%ほどにとどまっているため、再エネの普及を広げるための新しい方策を議論する。

続きを読む

多摩川HDなど、三沢市に4区で約10MWのメガソーラー完工

ざっくりいうと・・・

  1. 多摩川ホールディングスは、青森県三沢市で建設を進めてきた合計約9.5MWのメガソーラーの全4区画が完工したと発表した。
  2. 同社としては最大規模の発電所で、約16万3000m2の敷地に、出力約2.5MWの太陽光発電所4区画から構成される。
  3. すでに2区画では、東北電力へ約5MWの売電を開始している。

続きを読む

日立アプライアンス、太陽光発電向け屋外設置用パワーコンディショナーを発売

ざっくりいうと・・・

  1. 家事製品・照明・住宅設備機器を手掛ける日立アプライアンス社が、住宅用ならびに産業用の太陽光発電システムで使用できる屋外設置用パワーコンディショナーを発売する。
  2. 当商品は独自の技術によって、96.5%の高い変換効率を実現している。

続きを読む