電気自動車の普及、パリ協定の目標達成には「なお不十分」

ざっくりいうと・・・

  1. 調査会社DNV・GLのエネルギー関連コンサルティング事業部の最高経営責任者は、2035年までに全世界で販売される乗用車の半分はEVになるとの見通しを示した。
  2. ただ「パリ協定」の目標を達成するには不十分だとし、温暖化防止に向けた一段の取り組みを促した。

続きを読む

太陽光事業者の3割が「改正FIT知らず」、58%が「保守契約していない」

ざっくりいうと・・・

  1. グッドフェローズの調査によると、太陽光発電事業者の約3割がFITの改正について「内容まで知らない」「全く知らない」「興味ない」と回答したと発表。
  2. 保守管理(メンテナンス)が義務付けられたことは、84%が「知っている」と回答しているが、58%が「保守管理をしていない」と回答している。

続きを読む

太陽光発電で災害対策、非常時の電源確保と給油を支援

ざっくりいうと・・・

  1. ソーラーフロンティアは、太陽光発電による電力を蓄電し、夜間の照明に利用できる街路灯や公共施設の非常用電源の確保を目的に太陽光発電システムを無償で設置していく。
  2. ソーラー街路灯にはCIS薄膜太陽電池とLED照明、携帯充電機器の他、防犯用カメラ、Wi-Fi、蓄電池ボックスを組み合わせている。

続きを読む

太陽光発電設備の乱開発を抑制へ 安中市が議会に条例案

ざっくりいうと・・・

  1. 群馬県安中市は、自然災害の危険性が高い場所での太陽光発電設備設置について、抑制に向けた条例案を市議会定例会に提案。
  2. 周辺住民への説明会を開催した後の届け出により同意、不同意、立ち入り調査や指導、助言、勧告を行うことができる案を盛り込んだ。

続きを読む

小水力発電のコストを削減、マイクロ水車と太陽光で独立電源を構築

ざっくりいうと・・・

  1. 東京電力ホールディングス(東電HD)、関電工、コスモスウェブ、NTNの4社は、送電線がない山中の設備に対応した独立電源システムの開発を進めている。
  2. 太陽光発電と水力発電機などを組み合わせた実証機が完成すれば、小水力発電の初期投資コストを大幅に削減できる可能性がある。

続きを読む

インドネシアのイオンで太陽光発電、二国間クレジットでCO2削減に

ざっくりいうと・・・

  1. 伊藤忠商事とAEON MALL INDONESIAは、インドネシア・ジャカルタに新しく出店する「イオンモールジャカルタガーデンシティ」の屋根にパナソニック製の太陽光パネルおよび蓄電池の設置する。
  2. 今回参画する「二国間クレジット制度(JCM)」は、途上国へ温室効果ガス排出削減のための技術や製品、サービスを提供することで、削減量の一部を日本の削減分としてカウントすることが可能。

続きを読む

日韓で共同開発、強さとコストを備えた太陽光フロート

ざっくりいうと・・・

  1. 埼玉県深谷市で、農業用ため池の水面を利用した出力1.2MWのメガソーラーの施工が進んでいる。
  2. コンクリートの製造・販売などを手掛ける東和アークスが開発しており、これまでに複数の地上設置型メガソーラーのほか、埼玉県内で2カ所の水上太陽光発電所を開発・運営している。

続きを読む

太陽電池の普及 廃棄処理見据えて

ざっくりいうと・・・

  1. 再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を追い風に急速に市場が拡大し、全国でメガソーラーや住宅へのPV設置が相次いだ。
  2. 近い将来にはこれらのPVの寿命が訪れ、適切な処理法が求められるようになる。

続きを読む

中国ACC、金属クラッド材のトップ企業と200MWを共同開発

ざっくりいうと・・・

  1. 中国のAsia Clean Capital社は、CENTER International Group社と戦略的に提携し、分散型太陽光発電を共同開発することで合意した。
  2. 主に、世界規模の自動車メーカーや自動車部品サプライヤー、空港、高速鉄道の駅などでのプロジェクトで協力していく。

続きを読む

鳥取県からも注意喚起 太陽光発電設備の事業計画提出期限、残り1ヶ月

ざっくりいうと・・・

  1. 鳥取県は、固定価格買取制度における「みなし認定事業者」に対して、新制度に基づく事業計画を9月30日(土)までに提出するよう、注意を喚起した。
  2. この事業計画の提出は、すでに売電している人も求められており、同日までに事業計画を提出しない場合、認定取消しの対象となる可能性がある。

続きを読む

「夢風車」に吹いた逆風 滋賀、風速想定甘く故障相次ぐ

ざっくりいうと・・・

  1. 2014年4月から停止している滋賀県草津市下物町の風力発電施設について、市環境審議会が、赤字などを理由に「撤去すべき」との答申をまとめた。
  2. 市が「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」の補助を受けて建設し、最大出力1500キロワットは当時の日本最大級とされた。

続きを読む

2020年には「メガソーラー+蓄電池」がお得に!?

ざっくりいうと・・・

  1. 米国国立再生可能エネルギー研究所は、2020年にはメガソーラーと大規模蓄電池を合わせたシステムがメガソーラー単独のシステムより経済メリットが高まると発表。
  2. 発電所の設計、建設から運営、廃止までの全てのコストを、生涯発電量で割った均等化発電原価で比べた。

続きを読む

太陽光発電施設が稼働 小山の4100世帯分発電量

ざっくりいうと・・・

  1. 静岡県小山町湯船原地区で、太陽光発電施設「ドリームソーラーふじおやま」が稼働を始めた。
  2. 年間の予想発電量は約1670万キロワットで、小山町の一般家庭の6割弱に当たる約4100世帯分の年間消費電力をまかなえる量に相当する。

続きを読む