太陽光発電投資情報センターとは?

考える女の子

太陽光発電投資情報センターは、太陽光発電投資に関する最新情報をお伝えする総合情報サイトです。下記のような情報をお届けしています。

  • 3分で読める「最新ニュースの解説」
  • 初心者の方にも分かりやすい「用語解説」
  • 再生可能エネルギーの基礎知識
  • よくある質問

主な特徴は以下の通りです。

続きを読む

太陽光業界初・太陽光発電メンテナンス事業者用O&M総合補償制度「メンテナンスPLUS」提供開始のお知らせ

ざっくりいうと・・・

  1. 太陽光発電システムに不具合が発生した場合、その原因を明確にする際に、責任境界の判定や説明に係る業務負担は相当に大きく、その修補の為の費用負担はO&M(運転管理・保守運用)事業者はもちろん、発電事業者にとっても課題となっていました。
  2. そのような事案が発生した場合でも、O&M(運転管理・保守運用)事業者のメンテナンスリスクを軽減し、発電事業者の収益最大化に貢献できる、太陽光業界初の総合補償制度「メンテナンスPLUS」の紹介です。
  3. 詳しくは、リンク先記事にてご確認ください。

続きを読む

太陽光発電の電力を無駄に捨てない、電力会社の出力制御に自動で対応

ざっくりいうと・・・

  1. 全国約4万カ所の発電設備に遠隔監視サービス「エコめがね」を提供しているNTTスマイルエナジーは、電力会社が実施する予定の出力制御に対応したサービスを2月13日から開始しました。
  2. エコめがねの 監視装置 と パワコン メーカーの 出力制御 ユニットを組み合わせて自動化を図る新サービス「つながるアラカルト(出力制御)」では、出力制御の指示情報をインターネット経由で受けて、自動的にパワコンの出力を制御するサービスです。
  3. 政府は、7つの地域を対象に 出力制御ルール を設けており、NTTスマイルエナジーはエコめがねに出力制御の機能を拡充しながら、全国各地で遠隔監視サービスの利用者を拡大する戦略です。

続きを読む

太陽光のIRR平均値は4.75%、CBREが期待利回りの調査開始

ざっくりいうと・・・

  1. 事業用不動産サービス大手、CBREは2月15日、太陽光発電の期待利回り(IRR=内部収益率)の調査を開始したと公表し、それによると太陽光発電へのプロジェクト IRR の平均値は4.75%だったそうです。
  2. 今回の調査に際し、太陽光発電事業への投資状況などに関して聞いたところ、「すでに太陽光発電に投資している」「同発電への投資を検討している」との回答が全体の23%を占めたといいます。
  3. CBREでは、太陽光発電の鑑定・コンサルティングサービスを提供しており、期待利回りを四半期ごとに調査・公表することで、太陽光発電への投資市場の透明性を高め、活発化する効果を期待しています。

続きを読む

2017年2月16日 最新ニューストピックス

再生可能エネルギー

2017年2月16日の、太陽光発電・風力・再生可能エネルギー最新ニュースです。

※記事の詳細は、リンク先でご確認いただけます。

ニューストピックス

≪太陽光業界NEWS≫

  1. 米太陽光産業、26万人以上を雇用、2010年以降3倍に
  2. トヨタ、新型「プリウスPHV」発売=量産車初、太陽光充電システムも
  3. 独自技術の採用で、太陽光パネルの不具合や故障を直感的にすばやく特定できるソーラーパネル点検装置「ソラメンテ」の新製品2モデル3月1日発売
  4. 田淵電機「太陽光発電システム施工展」に出展
  5. 広島県世羅町にメガソーラー稼働、いちごECOエナジーが建設
  6. 日本ソーラーサービシズが日本での事業拡大(170MW)に向けてGSSGソーラーとの提携を発表

≪風力発電業界NEWS≫

  1. 建設・太陽光発電所施工のグリーンリバー社、風力発電事業に参入。画期的な次世代小型風力発電機「風レンズ風車」を製造販売するウィンドレンズ社と業務提携を締結。

≪再生可能エネルギー業界NEWS≫

  1. 米加州で80MW超の大規模蓄電池を導入、ガス火力を代替へ
  2. 平成29年度第1回「エネルギー構造高度化・転換理解促進事業」の公募を開始しました
  3. 「バイオマスボイラーの導入事業」で補助金交付停止 割賦契約だったため
  4. 日本電産、英国で電力貯蔵システムの大型案件受注 拡大する蓄電ニーズ

日本電産、英国で電力貯蔵システムの大型案件受注 拡大する蓄電ニーズ

ざっくりいうと・・・

  1. 日本電産ASIは13日、英国のEDFエナジー・リニューアブルズ社より電力貯蔵システム(BESS)の設置・導入について大型案件を受注し、これにより同社の英国BESS市場におけるシェアは33%に達したと発表しました。
  2. 同社が受注した EPC 事業は、英国の 送電 事業者であるナショナル・グリッド社向けに、EDFエナジー・リニューアブルズ社が建設する総容量49 MW のBESSを、設置・導入します。
  3. この案件に先立ち、同2社はナショナル・グリッド社向けの10 MW のBESS納入についても契約を締結しており、日本電産ASIにとって今回の案件はそれに続く大型受注となりました。

続きを読む

「バイオマスボイラーの導入事業」で補助金交付停止 割賦契約だったため

ざっくりいうと・・・

  1. 一般社団法人新エネルギー導入促進協議会は14日、「 再生可能エネルギー 熱事業者支援対策事業」において不適切な事項を行ったとして、和歌山県などで宿泊施設を展開する勝浦御苑に対して、15カ月の補助金交付等停止措置を講ずると発表しました。
  2. 同社は、「 再生可能エネルギー 熱事業者支援対策事業」で実施した設備導入事業に係る経費を 割賦契約 で支払っており、補助金を過大に受給していました。

続きを読む

平成29年度第1回「エネルギー構造高度化・転換理解促進事業」の公募を開始しました

ざっくりいうと・・・

  1. 経済産業省 は、平成29年度第1回「エネルギー構造高度化・転換理解促進事業」を実施する補助事業者を公募します。
  2. 事業の目的や補助対象事業など、詳細はリンク先記事にてご確認ください。

続きを読む

米加州で80MW超の大規模蓄電池を導入、ガス火力を代替へ

ざっくりいうと・・・

  1. 2016年10月、米南カリフォルニア州の 天然ガス 貯蔵施設で大規模なガス漏れの事故が発生し、天然ガスの不足が危惧され、電力の需要ピーク時における供給不足にも現実味が出てきました。
  2. こうした事態の中、同州の州知事は、大規模 蓄電池 の入札そして建設を電力会社に促し、 蓄電池 の運営はすでに2016年末から始まっているが、2017年1月末に正式な完成記念式が行われました。
  3. 従来は、天然ガスなどの 化石燃料 を使った火力発電で、急な電力需要の上昇などに対応してきましたが、 蓄電池 を利用することで、日中太陽光発電の抑制を防げるうえ、その大量な太陽光発電を蓄電しピーク時に放電することで、従来の火力発電に頼らず需要を満たせるそうです。

続きを読む

トランプ政権は、再生エネルギー業界にどのような変化をもたらすのか?

アメリカ国旗

アメリカ大統領にトランプ氏が就任してからというもの、多方面で世界を騒がせています。

「トランプループ」なんて言葉もできるくらい、トランプ大統領のツンデレぶりも目を見張るものがあります。

いろいろとトランプ大統領がらみの文献や資料なんかを読んでいくと、再生可能エネルギーとトランプ大統領もまったく無縁な話ではないようです。

続きを読む

日本ソーラーサービシズが日本での事業拡大(170MW)に向けてGSSGソーラーとの提携を発表

ざっくりいうと・・・

  1. 日本ソーラーサービシズ合同会社(NSS)は、GSSG Solar(GSSG)と複数の太陽光発電所の開発に関する業務提携を結びました。
  2. 今般の提携は、各プロジェクトに関わるパートナー及びステークホルダーに対する義務を維持しつつ、対象となる発電所をSonnedixのために共同で開発・建設するための枠組みを定めるものです。
  3. 両社は、アメリカ等を含む日本以外の地域における今後の協力関係を構築すべく継続協議中にあります。

続きを読む

広島県世羅町にメガソーラー稼働、いちごECOエナジーが建設

ざっくりいうと・・・

  1. 不動産・太陽光発電などの アセットマネジメント を手掛ける、いちごは2月13日、傘下の事業子会社である、いちごECOエナジーが、広島県世羅町に メガソーラー 「いちご世羅津口ECO発電所」を稼働したと発表しました。
  2. 年間発電量は、約299万3000 kWh を見込んでおり、これは一般家庭約830世帯分の消費電力に相当します。
  3. 今回の稼働により、2017年2月11日現在で、いちごECO エナジーの運営する稼働済み案件は、累計で32件、約54 MW となりました。

続きを読む

田淵電機「太陽光発電システム施工展」に出展

ざっくりいうと・・・

  1. 田淵電機株式会社は、2017年3月1日~3日まで東京ビックサイトにて開催される、第8回太陽光発電システム施工展に出展することを発表しました。
  2. 同社が、新たに販売を開始した「 メガソーラー 向け 小型分散型三相出力 25 kW /33kW パワーコンディショナ 」を、ブースの中心に展示します。
  3. また、 再生可能エネルギー の有効活用を目指す「蓄電ハイブリッドシステム」や、見守り保守サービスを含んだ IoT クラウド対応遠隔監視と出力制御を実現した「TABUCHI-Cloud」なども出展します。

続きを読む

独自技術の採用で、太陽光パネルの不具合や故障を直感的にすばやく特定できるソーラーパネル点検装置「ソラメンテ」の新製品2モデル3月1日発売

ざっくりいうと・・・

  1. 株式会社アイテスは、太陽光 パネル竣工 点検、年次点検に役立つソーラーパネル点検装置「ソラメンテ」の新製品として2モデルの販売を3月1日(水)に開始します。
  2. 「スマートエネルギーWeek2017」で、ストリングチェッカー「ソラメンテ-Z(SZ-200)」及びソーラーパネルチェッカー「ソラメンテ-iS(SI-200)」の新製品2モデルを展示・紹介します。
  3. この2機種を連携させることにより、 竣工 前から太陽光 パネル の健全性確認ができる独自の「Z/iS連携モード(Solamente-Link)」を開発し、現在、太陽光発電所での最終実地評価を行っており、今年夏の発売を予定しています。

続きを読む

建設・太陽光発電所施工のグリーンリバー社、風力発電事業に参入。画期的な次世代小型風力発電機「風レンズ風車」を製造販売するウィンドレンズ社と業務提携を締結。

ざっくりいうと・・・

  1. 建設・太陽光発電所施工のグリーンリバー株式会社は、日本国内の風力発電メーカーであるウィンドレンズ社と業務提携を締結しました。
  2. 同社は、太陽光発電所開発で培ったノウハウをベースに、安心で確実な風力発電事業を提供を目指し、新たに風力発電事業に参入するとしています。

続きを読む

トヨタ、新型「プリウスPHV」発売=量産車初、太陽光充電システムも

ざっくりいうと・・・

  1. トヨタ自動車は15日、新型プラグインハイブリッド車(PHV)「プリウス PHV」を発売しました。
  2. 2012年1月の現行モデル発売以来、初めての全面改良で、量産車で初めて太陽光充電システムをオプションで搭載できるほか、急速充電にも対応しています。
  3. 「プリウス PHV」の価格は326万1600~422万2800円で、月間販売は2500台を目標としています。

続きを読む

米太陽光産業、26万人以上を雇用、2010年以降3倍に

ざっくりいうと・・・

  1. 米ソーラー財団が「全米太陽光関連雇用調査」を実施し2月7日、米国の太陽光発電産業における雇用は現在26万人以上であると発表しました。
  2. 同調査によると、2016年は 太陽光発電 産業によって5万1000件の雇用が新規に創出されたといい、太陽光関連の雇用は、過去4年間に連続して年率20%以上の高い伸びを示しており、この伸び率は全米の雇用の伸び率を上回るそうです。
  3. トランプ政権は、米国内で産出する化石燃料を優先するエネルギー政策を掲げており、太陽光発電産業における雇用の拡大が来年以降も続くか、注目されています。

続きを読む

2017年2月15日 最新ニューストピックス

再生可能エネルギー

2017年2月15日の、太陽光発電・風力発電・ZEH・再生可能エネルギー最新ニュースです。

※記事の詳細は、リンク先でご確認いただけます。

ニューストピックス

≪太陽光業界NEWS≫

  1. 客先に付ける太陽光の認定を取り忘れたリフォーム業者の責任は?
  2. モルディブの太陽光マイクログリッド、電力需要の63%をカバー
  3. テラドローン、太陽光発電関連事業者向けサービス開始~ドローンと最新技術を組み合わせ、メガソーラー開発・保守点検の一連をサポート~
  4. 太陽光パネルのメンテナンス・リサイクル等について鳥取県がセミナー開催

≪風力発電業界NEWS≫

  1. 海が生み出す風力と潮流発電、陸上では太陽光から水素も作る
  2. 北九州市の洋上風力発電事業 九電子会社・西部ガス選定

≪ZEH業界NEWS≫

  1. ZEH基準は省エネ基準より厳しい

≪再生可能エネルギー業界NEWS≫

  1. 「「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法等の一部を改正する法律の施行に伴う経済産業省関係省令の整備等に関する省令案等」に対する意見」を経産省に提出
  2. 究極のエコ!? 海水を利用する水素燃料船「Energy Observer」、世界一周を目指す
  3. 東電・中部電、印再エネに230億円出資発表

大分の82MWのメガソーラー売却益は200億円、丸紅が純利益を上方修正

ざっくりいうと・・・

  1. 丸紅は2月6日、2017年3月期の連結純利益の予想を、従来の1300億円から100億円増となる、1400億円に上方修正したと発表しました。
  2. 上方修正の理由として、国内の太陽光発電所の譲渡益や、石炭や銅などの金属事業の持ち分法投資利益が見込みを上回ることを挙げています。
  3. 同社は、太陽光発電所を売却することが決定しており、この売却によって、丸紅は現金400億円を得てこのうち200億円が売却益となり、これが2017年3月期決算の純利益を引き上げます。

続きを読む

東電・中部電、印再エネに230億円出資発表

ざっくりいうと・・・

  1. 東京電力ホールディングス(HD)子会社と中部電力が共同出資する燃料・発電会社のJERAは14日、インドの 再生可能エネルギー 大手に出資すると正式発表しました。
  2. JERAがインドで事業を展開するのは今回が初めてで、風力発電や太陽光発電を開発・運営するリニューパワーに出資します。

続きを読む

究極のエコ!? 海水を利用する水素燃料船「Energy Observer」、世界一周を目指す

ざっくりいうと・・・

  1. 再生可能エネルギー 実験船『Energy Observer』(エネルギー・オブザーバー)は、風、太陽光、 水素 のエネルギーだけで航行できる船舶で、6年かけての世界一周航海へと出港予定です。
  2. 船体の屋根にあたる部分には大量のソーラー パネル が貼り付けられ、船体後方には風力発電の タービン 、そして海水を利用する水素燃料システムが取り付けられています。
  3. 水素燃料システムを構成する、燃料電池および水素貯蔵タンクは船体の脇に搭載されており、このシステムが海水を電気分解し、取り出したH2(水素)を貯蔵・発電することになります。

続きを読む

珍しい天候のときこそ、下見が大事。

雪景色

いつもこのサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

2月も半ばですが、日本全国に寒波が押し寄せて、まだまだ寒い日が続きますね。

鳥取などの山陰地方では大雪が降っているニュースも聞こえてきます。

あまり普段雪の降らない地域の方にとっては、突然の雪が太陽光発電にどのような影響を及ぼすかは、なかなか想像が及ばないことだと思います。

先日雪の日に視察に行った際のお話などについて、少し書いて行きたいと思います。

続きを読む

「「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法等の一部を改正する法律の施行に伴う経済産業省関係省令の整備等に関する省令案等」に対する意見」を経産省に提出

ざっくりいうと・・・

  1. 日本商工会議所は2月10日、 資源エネルギー庁 が実施した、「電気事業者による 再生可能エネルギー 電気の調達に関する特別措置法等の一部を改正する法律の施行に伴う 経済産業省 関係省令の整備等に関する省令案等」の意見募集に対して、意見書を提出しました。
  2. 意見書の全文などは、下記リンク先にてご確認ください

続きを読む

ZEH基準は省エネ基準より厳しい

ざっくりいうと・・・

  1. ZEHロードマップ検討委員会では、「 ZEH の判断基準」として、4つの定量的な定義を定めています。
  2. ZEH の「ゼロ・エネルギー」とは、年間エネルギー消費量の合計と 創エネルギー 量の差し引きが、おおむねゼロ以下を目指すことであり、 売電 などで光熱費をゼロにするという意味ではありません。
  3. 同時に、75%以上100%未満の省エネを達成した住宅をNearly ZEH(ニアリー・ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)も定義づけされました。

続きを読む

北九州市の洋上風力発電事業 九電子会社・西部ガス選定

ざっくりいうと・・・

  1. 北九州市は、同市若松区の響灘に計画している 洋上風力 発電所の設置事業者として、九州電力子会社の九電みらいエナジー(福岡市)や西部ガス(同)の共同事業体を選定し15日に正式発表します。
  2. 市は昨年8月から事業者の募集を始め、選考の結果、九電みらいエナジーなどの計画が、風力産業拠点化への実現性や地元企業への波及効果が高いと判断されたといいます。
  3. 早ければ2021年度に着工し、発電を開始する予定で、国内初の大規模 洋上風力 発電所となり、風力産業の拠点化につながるかも注目されます。

続きを読む

太陽光パネルのメンテナンス・リサイクル等について鳥取県がセミナー開催

ざっくりいうと・・・

  1. 鳥取県太陽光発電関連産業育成協議会は、「太陽光 パネル の検査・メンテナンスと リユース ・ リサイクル について」と題したセミナーを3月14日(火)に開催します。
  2. セミナーでは、 パネル 検査サービスの実績からみえた発電所の不具合事例や、将来の太陽光パネル大量廃棄時代に備えたリユース・リサイクル事業について紹介します。
  3. 開催概要などは、リンク先記事よりご確認ください。

続きを読む

海が生み出す風力と潮流発電、陸上では太陽光から水素も作る

ざっくりいうと・・・

  1. 長崎県の沖合で、日本で初めて浮体式による 洋上風力 発電所が2016年4月から商用運転にはいりました。
  2. さらに世界最大級の 潮流発電 機を2つの島のあいだの海底に設置するプロジェクトが始まり、2019年度に実証運転を開始する予定です。
  3. 長崎空港の隣接地には大規模な メガソーラー が運転を開始し、テーマパークのホテルでは太陽光と 水素 エネルギー利用し、客室に電力を供給しています。

続きを読む

テラドローン、太陽光発電関連事業者向けサービス開始~ドローンと最新技術を組み合わせ、メガソーラー開発・保守点検の一連をサポート~

ざっくりいうと・・・

  1. 国内外でドローン(UAV)測量、管制システム事業を展開するテラドローン株式会社は、2017年2月14日、太陽光発電関連事業者様向けサービスを開始しました。
  2. 太陽光発電所の EPC 業務向けに、レーザー搭載UAVを用いた森林測量サービス、O&M(運転管理・保守運用)業務向けに、赤外線カメラ搭載UAVを用いた点検サービスを提供していきます。
  3. ドローンと最新技術の組み合わせにより、太陽光発電に関わる一連の業務のコストカット・高品質化を実現していきます。

続きを読む

モルディブの太陽光マイクログリッド、電力需要の63%をカバー

ざっくりいうと・・・

  1. フランスの、 蓄電池 システムや マイクログリッド の開発を手がけるエンジニアリング企業Electro Power Systems(EPS)社は2月9日、モルディブで2016年10月に建設したマイクログリッドの稼働後3カ月間の実績を発表しました。
  2. EPS社のデータによれば、 マイクログリッド を建設したリゾート地の電力需要の63%をカバーし、年間に42万3000リットル分の軽油を削減したといいます。
  3. この成果は、2016年10月に稼働を開始したときの予想を50%上回ったとします。

続きを読む

客先に付ける太陽光の認定を取り忘れたリフォーム業者の責任は?

ざっくりいうと・・・

  1. 下記の場合、リフォーム業者が顧客から金銭的な負担を求められたら、どこまで対応する必要があるか、という法律相談を受けた記事です。
  2. 顧客は、太陽光発電システムを取り付け、 FIT を利用して 売電 することを予定しており、リフォーム会社は 設備認定 がなされたことを前提に顧客との間で話しを進めていましたが、申請期限を過ぎた時点で、実際には、設備認定がなされていないことが発覚しました。
  3. この件に関し結論は出ておりませんが、法的責任や賠償範囲など、興味のある方はリンク先記事にてご確認ください。

続きを読む