丸森「太陽光」 来夏15か所

ざっくりいうと・・・

  1. 住民有志7人が設立した「ひっぽ電力」は、東京電力福島第一原発事故で放射能に汚染された丸森町筆甫地区内14か所で太陽光発電所を稼働させる。
  2. 新設する発電所群は、秋から売電を始めた第1号の「ひっぽ復興発電所」の後継。

続きを読む

太陽光の電力を安定供給、水素と蓄電システムの併用で実現

ざっくりいうと・・・

  1. 東北大学と前川製作所は、、太陽光発電の電力を貯蔵・供給する「電力・水素複合エネルギー貯蔵システム」を開発した。
  2. 容量性やコンパクト性に優れている水素貯蔵システムと、即応性、耐久性、高効率性に優れている電力貯蔵装置の2種類を、状況に応じ使い分けることができるシステム。

続きを読む

伊藤忠など、インドネシアの商業施設に太陽光、JCMに採択

ざっくりいうと・・・

  1. 伊藤忠商事とイオンモールのインドネシア現地子会社AEON MALL INDONESIA社は、二国間クレジット制度(JCM)に参画し、インドネシアに新しく出店する。
  2. 昼間の余剰電力は、蓄電池に充電して夜間に使用し、余剰電力の有効活用によって、年間で約550tの二酸化炭素排出削減を見込む。

続きを読む

三菱重工、ドイツで世界最大出力の洋上風力発電設備を受注

ざっくりいうと・・・

  1. 三菱重工業は、ドイツの北海沖合に作られる世界最大出力8,000kW級の洋上風車31基を受注した。
  2. 現在ドイツの北海沖合では、目標総出力は25万2,000kWとする洋上風力発電所プロジェクトが進められており、同社の洋上風力発電設備V164-8.0MWを提供するという形である。

続きを読む

下水処理場で消化ガス発電、1030世帯分の電力に

ざっくりいうと・・・

  1. 大阪ガスの100%子会社であるOGCTSと神鋼環境ソリューションは、下水処理場で消化ガス発電事業を開始するために下水処理場を管轄する神戸市、高砂市と基本協定を結んだ。
  2. 日々行われる下水処理の過程で発生する消化ガスを燃料として活用する。

続きを読む

株式会社Looopが「需要家側エネルギーリソースを活用したVPP構築実証事業」においてリソースアグリゲーターとして採択されました

ざっくりいうと・・・

  1. 小売電気事業者の株式会社Looopは、経済産業省の平成29年度「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業費補助金」において実証を行う九州電力管内においてのリソースアグリゲーター事業者として採択された。
  2. バーチャルパワープラントは、自然エネルギーの発電設備と電力需要家側の蓄電設備を統合的に制御することで、全体で仮想の発電所のように機能させる技術。

続きを読む

14.5MWのメガソーラー、「プロジェクトボンド」で46億7000万円調達

ざっくりいうと・・・

  1. リニューアブル・ジャパンは、同社が主導する京都府の太陽光発電プロジェクトにかかわる開発資金を、バークレイズ証券がアレンジした再生可能エネルギープロジェクトボンドスキームにより調達した。
  2. これは事業規模14.5MWの太陽光発電事業に対する開発型プロジェクトファイナンスローンを裏付とした信託受益権とABL(動産担保融資)である。

続きを読む

パリ協定対応のエネルギー政策 有識者会議が検討開始

ざっくりいうと・・・

  1. パリ協定対応のエネルギー政策について検討する経済産業省の有識者会議が開かれた。
  2. 経済産業省は、再生可能エネルギーの普及を加速させるための課題や、原子力発電をめぐる各国の戦略などを説明した。
  3. 経済産業省の説明に対し、委員から将来的な原子力発電の位置づけをめぐる意見が相次いだ。

続きを読む

太陽光パネル出荷9四半期ぶり増 発電所の着工進み

ざっくりいうと・・・

  1. 太陽光発電協会は4~6月の太陽光発電パネルの国内出荷量が、制度改定を前に未稼働だった発電所で駆け込み着工が相次いだことで9四半期ぶりに増加したと発表。
  2. 発電事業向けは前年同期比で11%増え、特にメガソーラー向けなどが伸びたことが寄与した。

続きを読む

設置、許可制 鹿沼市が条例案提出 来年4月の施行目指す /栃木

ざっくりいうと・・・

  1. 鹿沼市の佐藤信市長は、再生可能エネルギー発電設備の設置に関する許可制度を盛り込んだ条例案を市議会に提出した。
  2. 条例案では、指定された区域内で行われる全ての発電設備事業は市の許可を必要とする。
  3. 区域外でも事業面積が1000平方メートル以上になる場合は、市への届け出を義務づける。

続きを読む

コスタリカ 再生エネ発電99.5%に

ざっくりいうと・・・

  1. 「コスタリカ電力機関(ICE)」のデータによると、中米コスタリカは発電量に占める再生エネルギーの割合が過去30年間で最高の99・5%に達した。
  2. 豊かな自然を持つコスタリカは、地熱発電でも米国、メキシコに次いで米州で第3位の発電量となっています。

続きを読む

太陽光発電 家庭用蓄電池設置に補助金へ

ざっくりいうと・・・

  1. 環境省は、家庭用の蓄電池の設置に補助金を出す方針を固め、来年度予算案の概算要求に盛り込んだ。
  2. 本体価格や工事費に関して補助をする予定で、来年度予算案の概算要求に84億円を盛り込むことを決めました。

続きを読む

三菱重の合弁企業が洋上風力発電設備を受注 数百億円、カナダ企業から

ざっくりいうと・・・

  1. 三菱重工業は、デンマーク企業と折半出資するMHIヴェスタス社がカナダの独立発電事業者から洋上風力発電設備31基を受注したと発表。
  2. ノースランド・パワー社が発注元で、当設備はドイチェ・ブッフト洋上風力発電所プロジェクトの中核を担うことになる。

続きを読む

東北大など、仙台で電力・水素貯蔵システム実証−再生エネ・電源を両立

ざっくりいうと・・・

  1. 東北大学と前川製作所は、太陽光発電で発電した電気から水素を製造・貯蔵するとともに、電気二重層キャパシターに電気を貯蔵するシステムを開発。
  2. 再生可能エネルギーの有効活用と非常用電源の機能を併せ持っており、2020年代後半の実用化を目指す。

続きを読む