日本の再エネ導入、ポストFITや長距離輸送が重要 日本学術会議の報告書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ざっくりいうと・・・

  1. 日本学術会議は、再生可能エネルギーの大量普及に向けた取り組みのあり方をまとめた「再生可能エネルギー利用の長期展望」を公表。
  2. 再生可能エネルギーについては、個々の導入ポテンシャル評価や技術的見通しなどを整理している。

日本学術会議は9月26日、日本における再生可能エネルギーの大量普及に向けた取り組みのあり方を、長期的視野から審議した結果をまとめた報告「再生可能エネルギー利用の長期展望」を公表した。

この報告は、「再生可能エネルギー利用の現状と超長期展望」と「超長期展望に向けた国の政策のあり方」の2項目で構成されている。

再生可能エネルギーについては、個々の導入ポテンシャル評価や技術的見通し、国の制度のあり方、再生可能エネルギーの利用拡大に向けた二次エネルギーや民間のファイナンスのあり方、さらには福島復興に向けたあるべき姿を審議した結果を整理している。

「再生可能エネルギー利用の長期展望」では、太陽光発電については、電力貯蔵・輸送技術の一段の進歩、また新原理による革新的太陽電池の開発、風力発電については、季節変動を含む長期間の貯蔵、安価な海外風力利用を視野に入れた長距離輸送技術の発展が重要だとした。

ニュース記事はこちら:環境ビジネスオンライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1日3分!最新情報をチェック!

このサイトでは、太陽光発電投資に関する最新情報を

「手短かに読みやすく」
「1日3分で全ニュースを把握できるように」


まとめています。

ぜひブックマークやSNSでチェックしていただき、お役立てください。

最新ニュース一覧へ

SNSでもご購読できます。